なんでもだいすきさん

ぜったいはぜったいないことがぜったい

板垣瑞生のダイレクトマーケティングブログ

 

 

突然ですが私は超能力が使えます。

どういう能力かといいますと、人の気持ちを読む力です。ですから、私には今うるさいほどに聞こえます。聞こえる、私には聞こえるんです。それはもうはっきりと、全国の

「あのてちの隣の椿涼太郎役の板垣瑞生って男誰だよ!」

という声が…聞こえる…私には聞こえるぞ…!

 

私だって好き好んでこの力を授かった訳ではありませんが、こんな声を耳にしてしまったからには、筆を取らないわけにはいかないわけです。何故ならこの板垣瑞生という男の子こそ、私の最愛の推しだから!

 

誰なのか、と問われている今、私のすべきことはただ一つ。彼をダイレクトマーケティングすることしかありません。聞こえるよ、全国のみ!ずきーず。板垣瑞生知名度を上げたい!あわよくば欅オタの皆さんに良い印象で彼の名前を覚えて欲しい!響をきっかけに瑞生くんに売れてほしい!!そんな声が私の耳にははっきりと届いている。

 

そこで僭越ながら、みんなの声を聞くことのできる私が、最初の一旗を上げたいと思います。

どうかこれを読まれた瑞生くんのファンの皆様、私なんぞ踏み台にしてもっと彼の良いところを綴ってください。

そして瑞生くんのファンではない方。

こんなくだらない前置きに付き合ってくださりありがとう。彼の良いところを紹介するからもう少し付き合ってください。

 

それでは、ヒアウィーゴー☆

 

 

 

板垣瑞生って誰やねん!!

 

 

f:id:shst_hr:20180913100451j:image△写真は最新アーティスト写真

 

基本プロフィール

出演作品(抜粋)

 

また、ソロモンの偽証で第25回日本映画批評家大賞を受賞しています。

 

 

え??

「その程度の情報Wikipediaで誰でも見れるんだよ!」だって??聞こえてます分かっています。

さぁ、基本プロフィールを知っていただいた上で、ここからは板垣瑞生くんの魅力を5つのポイントに分けてお話ししましょう。

 

 

板垣瑞生のここが素敵!

 

 

1.顔面国宝

まずはじめに特筆すべきはその美しさです。ここで何枚か写真を見ていただきたい。

 

f:id:shst_hr:20180913101328j:image

f:id:shst_hr:20180913101638j:image
f:id:shst_hr:20180913101632j:image

 

Oh……顔がすごい…… Kao ga kirei……

私がどんなにその顔を讃える言葉を連ねようと、彼の一枚の写真の前では無力。百聞は一見にしかずという言葉の意味を痛感せざるを得ません。

 

f:id:shst_hr:20180914230943j:image

△一般人では絶対似合わないオレンジという常人離れした髪色を、顔面の造形でねじ伏せていく圧倒的顔面力。

 

 

特に彼のご尊顔の中でも素晴らしいのが瞳。

f:id:shst_hr:20180913102130j:image

f:id:shst_hr:20180913102311j:image

 

くっきりとした二重に長い睫毛。切れ長の目頭に、透き通ったヘーゼル色の瞳。人類の瞳の模範解答のような目です。人間の目とは、こうあるべきだと、この目は示唆しているのかもしれません。

特典会などで実際に対峙すると、彼の色素の薄い目は透き通っていて、油断するとその中に吸い込まれてしまいそうになります。まさに人を惑わす瞳です。

 

こんな完成された顔面を持つ男の子がまだ17歳という事実。現役高校生という事実。この世のどこかで制服を着て教室で授業を受けているという事実。この事実をあなたは受け入れられますか?私は無理です。

成長期の男の子の恐ろしいところは、ここから顔つきが男になることです。彼もまた、見るたびに顔つきが大人びていて、その成長が楽しみでもあり、恐ろしくもあります。

 

なんと!そんな顔面を存分に堪能できる板垣瑞生ファーストソロ写真「M」が発売中です!

台湾で撮り下ろした写真に加え、80分のメイキングビデオ付き。板垣瑞生の魅力がぐぐぐぐっと詰まった1冊になっています。是非お手にとってみてください。

 

 

 

2.実力派俳優

そんな奇跡の顔面を持つ板垣瑞生くんですが、演技力もしっかりあります。

映画ソロモンの偽証では、1万人の候補者の中から重要な役をオーディションで選ばれました。そして、劇中でも重い過去を背負った少年の役を見事に演じ、長回しのシーンや難しいセリフもこなしています。

また、ドラマ精霊の守り人では、ドラマの重要なカギを握る新ヨゴ国の皇太子、チャグムを熱演。錚々たる俳優陣の中で、引けをとることなく役とともに力強く成長した姿を見せています。

ソロモンの偽証と精霊の守り人は、板垣瑞生に興味を持ってくださった方には是非一度観ていただきたい作品です。

 

彼の演技は前述した瞳がとても印象的です。

真っ直ぐ透き通った瞳は、口で多くを語るよりももっと説得力があります。また、その大きくて綺麗な瞳から流れる涙からは、観客の心を大きく動かす神秘的な力すら感じます。

正直、彼よりも演技の上手い同世代の俳優さんは沢山いるでしょう。でも、この見た者を掴んで離さない、何かを訴えかける魔性の目力は天性のもの。これからキャリアを重ねて、さらに技術を習得したとき、もっともっと素晴らしい演技を見せてくれるはずです!

 

 

3.歌って踊るアイドル M!LK

個人仕事の俳優業で彼を知ってくださった方々に、どうしても知ってほしいのが、彼の歌って踊る姿です。

彼の所属しているM!LKは、7人組のボーカルダンスユニットです。M!LKは何にでも姿を変える牛乳のように、変幻自在をコンセプトとしたグループ。

f:id:shst_hr:20180913103756j:image

EBiDAN*1の中でも王道正統派アイドル路線のグループであり、キラキラした板垣瑞生の姿を見ることができます。

グループではオレンジフロート担当。かわいいですね。かわいい。

 

ここで、数曲MVを紹介します。かっこよくてかわいい、M!LKというグループのカラーを感じ取っていただければ幸いです。

 

 

M!LK 6thシングル「テルネロファイター」MUSIC VIDEO - YouTube

△テルネロファイター

テルネロとは、生後一年未満の子牛のことで、まだ若手の自分たちと子牛を掛け、いつかビックになることを誓った曲。テルネロテルネロテルネロのフレーズが強烈で、一度聞くと頭から離れないとのウワサ。

 

M!LK「ボクラなりレボリューション」MUSIC VIDEO - YouTube

△ボクラなりレボリューション

通称ボクレボ。プリキュアのオープニングテーマのようなキラキラした音がキラキラアイドルM!LKにぴったりな一曲。歌詞が意外と泣ける。

5人体制最期のシングルです。

 

「あれ?さっき7人って言ってたのに、MV5人じゃない?」そうなんです。

実は今年の6月にメンバーの山﨑悠稀くんが卒業しまして、8月に新メンバーを3人迎えたばかりなんですね。紆余曲折ありましたが、どんなときでもファンのことを大切にしてくれるとてもステキなグループです。M!LKのことを書き出すとそれだけでブログが終わってしまうので割愛させていただきますが、7人体制初のシングルが、11月14日に発売になりますので、そちらも是非よろしくお願いします!

 

https://youtu.be/p8IKA6WSDSg

△新曲 Over The StormのMV

http://sd-milk.com/overthestorm/

△M!LK公式サイト

 

 

決して俳優業の片手間にアイドルをやっているわけではなく、俳優もアイドルも、全力で取り組んでいるのが板垣瑞生という男の子です。

お芝居をする姿を見た後に、歌って踊る姿を見ると「はっっっ、そういえば彼にはこんな一面もあるんだった、、」と1人でそのギャップに死にそうになります。

俳優 板垣瑞生が気になってくださった方には、是非このギャップを味わっていただきたいです!

 

 

 

4.クールに見せて熱いよ

板垣瑞生くんは、その端正な顔立ちと大人しめな振る舞いから、初見の人や彼の弾けた姿を見たことがない人には「クールキャラ」だと思われがちです。

実は彼は人見知りで、クールに見えるよそ行きモードの時は十中八九人見知りを発動しています。さらに口下手なので、表立って内に秘めたる自分の思いを発信することは少ないのですが、実はかなり熱い信念を持っています。

例えば、2016年S/Sのガールズアワードに初めてオープニングアクトとして登場した後、舞台を降りて「もっとあのステージで歌いたかった。」とボロボロ涙を流したり、ライブの挨拶や接触イベントで「絶対アリーナに行く」「絶対アカデミー賞を獲る」と野心をチラ見せしてみたり。

さらに、争いや曲がった事が許せない正義感が強い一面もあり、幼い頃はその真っ直ぐさから父親に「侍」と呼ばれていたそうです。

言葉は少ないけど、うちに熱いものを持っている。瑞生くんのそんな一面はまさに侍と呼ぶにぴったりなのであります。

 

 

5.天下無双のボケマシンガン

そして彼の内面で忘れてはならないのが、「かなりの変人である」という事です。

独自の感性を持つ瑞生くんは、どんなときでも自分の世界を突き進んでいきます。だから、周りの人を置いてけぼりにすることも多々あり…。さらに自分がボケていくらスベっても何処吹く風(本人曰く一応気にはしているらしい)。独特すぎるボケをかましまくり、気付けば周りの方が傷を負うなんてことが日常茶飯事です。

例えば、

  • カップケーキに塩*2をかけたら本気で美味しくなると思っている
  • 白米に飽きたからお粥だけを食べようとの考えに至る
  • どんぐりを食べる
  • お弁当が無くなっただけでM!LKのグループラインを退出する。
  • 生配信中にミルクティーをひっくり返し、作っていたマスコットをミルクティー浸しにし、そのマスコットをミルクティーの精霊と名付けた。f:id:shst_hr:20180913164204j:image
    f:id:shst_hr:20180913164202j:image△これがそのマスコット。ちなみにクリスマスの企画で作ったものである。狂気すら感じる独創的なデザイン。
  • ソロ写真集の撮影で訪れた台湾で、蛇の肉を嬉々としながら食べる
  • ミートフォークで仮面ライダー響鬼のマネをする←new!!

                                                etc……

彼のおかしさって、天然というより奇行というか、何かが人とズレてる。しかも瑞生推しの人達って、瑞生くんがおかしければおかしいほど喜ぶ人ばかり。たぶん瑞生推しもちょっと変。

顔がとても良いのに、中身がめちゃくちゃウケるから、知れば知るほど「あれ?この子やばい子??」ってなる。そう思い始めたらもう手遅れで、その時には板垣瑞生のトリコです。ようこそ。

 

 

 

他にも、オシャレ大好きM!LKのファッションリーダーであったり、末っ子*3で可愛い可愛いされると喜んだりと、魅力のバイキングのような男の子です。

 

 

 

まだ彼は17歳。絶対これから売れます。

もしこのブログを読んで少しでも板垣瑞生くんやM!LKの事が気になっていただけたなら、今が青田買いのチャンスです!!

彼の光溢れる未来を一緒に応援しましょう!!

 

もう一度言います!今が青田買いのチャンスですよ!!!!!!是非板垣瑞生を!よろしくお願いします!!!

 

*1:スターダストプロモーションの若手男子タレント部門の名称。超特急やDISH//など様々なユニットが存在する。北村匠海森崎ウィンもこの中に属している。

*2:ただの塩。白い食塩。それもかなりの量

*3:新メンバー加入以前は、瑞生くんが末っ子でした。現在は7人の真ん中。