なんでもだいすきさん

ぜったいはぜったいないことがぜったい

いたがきみずきくんのハナシ

 

 

どうも。閲覧いただき恐悦至極です。

 

 

 

いたがきみずきくん。そうです、私の推しでございます。

 

私は彼の御尊顔に一目惚れしまして、まぁ俗に言う「顔ファン」ってヤツから始まり、とりあえず「顔が好き」しか言えなくなる部類のオタクなのですが、もちろん彼の内面にも沢山魅力があります。

 

今日はそんなこんなの雑談です。

 

 

 

M!LKを漁りだしてから最初に見たのが「ミルクの搾りたて100パーセント」でした。

み!るきーずにはお馴染みの、配信番組です。今はFresh!で放送中。

彼らの全然バラエティ慣れしてないといいますか、素人感、DK感が好きでニヤニヤしながら見ているのですが、その中でも1番好きなのが#9 カップケーキパーティー の回です。(まだご覧になったことがない方は是非↓)

 

M!LKの「搾りたて100パーセント」#9 - LINE LIVE

 

 

 

この回、M!LKの5人が、各々のカップケーキを用意された沢山のトッピングを使って、女の子に食べてもらうなら、というテーマのもとデコレーションしていく、という回なのですが…。まぁ〜、本人達がきゃっきゃしてるだけです。

かわいいねぇ〜〜(盲目)

 

 

つまみ食いする子がいたり、一心にデコレーションする子がいたり、わちゃわちゃしながら慣れないデコレーション作業に勤しむ美少年が無料で見れる世の中最&高。

 

 

 

それでこの回の瑞生くんなのですが、搾りたて内に数ある「ん?いたがきくん?」となるシーンの中でも、群を抜いておかしい。(褒めてます)

 

 

トンチキデコレーション(なんかの宗教っぽい)に始まり、終いにはカップケーキに塩をかけだす。

 f:id:shst_hr:20170709005038p:image

 

 

この子、大丈夫????

 

 

みんなに総ツッコミされても何処吹く風の瑞生くん。

塩味のカップケーキを吉田仁人くんに食べさせると、案の定仁人くんあまりのしょっぱさにむせます。佐野くんも餌食にした後、自ら塩カップケーキを食すと「普通に美味しい、食べられる」 とケロっとした顔で言い放つ。

f:id:shst_hr:20170709004938p:image

 

 いや、嘘だろ。

 

 

 

と言いつつ、私的にはこれが板垣推しになる結構な決定打でした。理由は後述。

 

 

瑞生くんって、人よりちょっとズレてる所があって、トーク中もワールド全開。他のメンバーが結構置いてけぼりにされて「???」ってなってる時があるんですけど、そんな時でもそのまま全力疾走で走り抜いちゃう。

 

普通そんな状況だと怖くなって急ブレーキかけちゃうんですけど、彼はそんなことしません。

 

スベっても他人を事故に巻き込んでも、彼だけは無傷です。(大体生贄は吉田仁人)

 

 

 

スタジオパークの時、ソロモンの偽証の監督である成島さんも「俺が怒っている時にも、ケロっとしてる。」とコメントされています。

 

 

 

 

あと板垣瑞生ワールドを語るに欠かせないのがブログです。

 

 

基本的に短文だし、散文(笑)

でも視点が独特で、読めば読むほど「彼は何を考えながら生きてるんだろう…」という迷宮ラビリンスに陥ってしまいます。

 

 

最初は「何か暗喩してるのかもしれない。これは意味深なのでは??」と思って、解読しようと頑張っていたのですが、最近は「たぶんこの人はふと頭に浮かんだことをただ書き連ねているだけなのだろうから、そんなに意味は無いのだろう」という結論に至っています。

だからあのブログは、板垣瑞生徒然草です。

心にうつりゆくよしなし事なのだと思います。

 

あとブログといえば、お節介ババアなのは承知の上なのですが、瑞生くんのちょっと勉強できない感じが滲み出てるのも愛しいです。

 

 

 

 

で、私が何が言いたいかと言いますと、私はこういうよく分からない人がタイプなんです。

どこか抜けていて、フワフワしてるけど自分の世界がある人。

天然なのかワールドなのかよく分からない、掴めない感じ。

分かりやすい人、といえば語弊がありますが、割と優等生タイプでキチンとした人よりも、この人何考えてるんだろう、てタイプの人や、この子ちょっとアホの子??って思えるタイプに弱い。

 

私は、自分自身がとても気にしいで、気遣いすぎて心から楽しめなかったりするタイプなんです。あと、無駄に責任感とプライドも高いし、自分で全部済ませたいから人に全然甘えられない。

 

だからなのか、こういう大らかでフワフワとしていて摑みどころの無い人にとても憧れるし、自然と心が惹かれるといいますかね…。

あんな風に自分の世界を持って、それを外に見せるなんて、自分には怖くてできないなぁと思うのです。

 

 

瑞生くん、大物になっちゃうよぉ。

 

 

スタジオパークの際、成島監督は先述のコメントと共にこんな事もおっしゃっていました。

「でも彼のそういうところは、今まで成功してきた俳優さんはみんな持ってる」

 

監督さんも言ってくださってるんだから、オタクの贔屓目じゃないよね!!

 

 

 

瑞生くんは本当に、素であれなんですよね。

狙わずに、あの器をちらほらさせる。やってのけちゃう。

かっこいいなぁ。

 

 

 

 

 

板垣瑞生くんという存在は、知れば知るほど興味深い。

オタクの旅はまだまだ始まったばかりです。

 

 

板垣瑞生がアカデミー最優秀主演男優賞取るまで死なないからね!!

 

 

 

おしまい。

 

 

沼の中からこんにちは

 

 

こんにちは。

 

このブログはここ、M!LKという名の沼からお届けしています。

 

 

 

ということで私も書いてみたくなりました沼落ちブログ!!

 

ジャニヲタである私が、M!LKに落ちてから早4ヶ月くらい経つのですが、いつか書きたいなぁ、でもまぁいいかなぁ、なんてボンヤリしたまま毎日を過ごしておりました。

 

ヲタクあるあるだと思うのですが、同じ状況下にいらっしゃる人のことをついつい探してしまう癖がありまして、例に倣って「M!LK ハマった(検索)」とかしていた訳です。

そしたら、何人か同じような方がいらっしゃいまして。あ〜素敵だなぁ分かるなぁと思っているうちに、ブログを開設していた次第です。

 

 

恐らくこのブログを見てくださっている方は、M!LKが何者であるのかご存知だとは思いますが、少しだけ紹介しておきますと、

f:id:shst_hr:20170517122743j:image

 

2014年11月結成。板垣瑞生佐野勇斗、塩﨑太智、山﨑悠稀、吉田仁人からなる5人組ボーカルダンスユニット
いろいろなものに混ざりやすく、様々な形状に変化することのできる”変幻自在”のユニットを目指し活動中。(M!LK公式サイトより)

 

という感じの、現役高校生4人と現役大学生1人、スターダストプロモーション所属、平均年齢17歳のグループです。

 

若い、、。若いよ!!

Jでも年下には手を出したことがなかったので、まさか自分が年下を推すようになるとは、、。

 

 

そんな私をここまで沼に引き込んだキッカケ、張本人が、我が自慢の推し板垣瑞生くんです。

 

ある日の夜中、ぼけーっと観ていたTVで放送していたのが、板垣瑞生くんが新ヨゴ国の皇太子・チャグムとして出演していた「精霊の守り人 悲しき破壊神」でした。

この悲しき破壊神は精霊の守り人シリーズの第2シーズンにあたる作品で、私は特に第1シーズンを観てもいなかったので、本当にたまたまTVを付けて放送していたのを見かけた訳です。

 

そろそろ寝ようと思い、何気なく見ていたテレビに突然現れた圧倒的美少年。

「まだ私の知らないところに、こんな美少年がいたのか、、、」そう悟りました。

 

f:id:shst_hr:20170517125331j:image

ちなみにこれが私を落としたチャグム殿下。どっかの王女になって婚約したいです。

 

 

そこからはもう転がり落ちるように沼の奥底へ。

へぇM!LKっていうグループやってるんだ。あの砂の塔のお兄ちゃんと同じグループなんだ。かわいいなぁキラキラしてるなぁ。YouTubeで動画がいっぱい観れる。ブログあるの、え、インスタもあるじゃん、画像めっちゃ供給するじゃん。保存保存、、。

カメラロールでM!LKが市民権を得るのに時間はかかりませんでしたね。

 

中でも驚いたのは、彼がソロモンの偽証で神原くんを演じていたことです。私はあの映画をリアルタイムで観ていて、その時は「目が綺麗な子だなぁ」くらいにしか思っていなかったのですが、2年後こんなになるなんて。そんなの聞いてない!

でも今見返してみれば当時も十分完成してます。

それと、胸キュンスカッと!

あのハチマキの回、実はリアルと再放送で2回見ていた事を思い出しまして。今思えば逆に何故琴線に触れなかったのかが気になりますね。

 

加えて近々全国ツアーを行う事が判明し、長年のジャニヲタ生活で培ったヲタ活技術を駆使してヲタ垢作り、チケットを譲ってもらって、勢いで全国ツアーに行きました。

 

 

この時点で戻って来れる気配はありませんでしたが、案の定生の彼らにノックアウト。ズドオオオンと撃ち抜かれました。なんだあのキラキラした集団。ここは現世なのか??ライブ中ペンライトを持つ手が震えました。おまけに初回からハイタッチ付き。長年お手ふりヲタクだった私には強すぎる刺激です。

 

おかげさまでこの度のリリースイベントではCDツムツムヲタクにメタモルフォーゼしまして、無事M!LK沼に住民票を移した次第です。

 

 

 

 

私はJ時代に3回沼落ちしたDDなのですが、毎回一目惚れで担当が決まっていました。

だから、今回もチャグムを初見した時にもう運命は決まっていたんだろうなぁと思います。

 

でもみんな知れば知るほど罪深いほどかわいくて、、、。

 

私の今思うM!LKの魅力は、キラキラ成長期真っ盛りの男の子達の成長を直に感じながら応援できるところかなぁと思っています。

実際MVを見ても、初期から驚くほど歌やダンスが上手くなっていますし、色んなお仕事も増えて、リリイベの動員も増えて、目に見えて確実に大きくなっていく彼らの今を共有できる事が本当に嬉しくて、ワクワクします。

 

あとは、M!LKはEBiDANの中でも正統派と言いますか、キラキラ王道アイドルなグループなので、嵐出身のヲタクの私には親和性が高かった点も大きかったと思います。

 

 

 

最後に私のこれまでの経験では、沼落ちした後の右を見ても左を見ても新しいものばかりの時期が、1番純粋にキャッキャできる時期だと思っているので、まだまだ新米ですが、この新鮮なキャッキャを楽しみつつ、私なりのペースで大好きな彼らを応援していけたらなぁと思っています。

 

ゆるゆるM!LK愛を綴っていけたらと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

長々と読んでいただきありがとうございました。

それでは今回はこの辺で!!